壊れている部分を直してもらおう

>

フラッシュができないこともある

普段と違う部分に気がつこう

いつも昼間に撮影している人は、フラッシュの機能を使っていないでしょう。
それでも十分綺麗に撮影できますが、夜に撮影する時はフラッシュが必要になります。
使いたいと思った時に、壊れていることに気がつくと困ります。
定期的に、フラッシュが機能するか確認してください。
もし異常が起こっていた場合は、すぐ修理に出しましょう。

修理してくれるお店に持っていくと、すぐに直してくれます。
普段使わないから良いと思わないでください。
壊れているデジカメを使い続けることはおすすめできません。
他の部分も、次第に壊れて全く使えない状態になってしまうことがあります。
大事なデジカメをいつまでも使えるように、不具合が起こっていないかチェックしましょう。

写真に異物が入る時

レンズが汚れたままだと、写真に異物が写ってしまいます。
定期的に磨くことを意識してください。
しかしいくら磨いても、異物が取れないことがあります。
その際は、レンズの内側に汚れが付着していると考えられます。
レンズぐらい自分で分解して、簡単に磨けると思っている人が見られます。

ですが素人が勝手に分解すると、元の状態に戻せなくなってしまうことが多いので気をつけてください。
修理してくれるお店に持って行った方が、安心できます。
レンズの内側にゴミがついているだけなら、1000円程度で治してくれるお店も見られます。
出費を惜しんで自分で何とかしようと思うと、大切なデジカメが2度と復活しないのできちんと見せてください。


この記事をシェアする